子供とお出かけ 岡山の公園&遊び場 - 父と子の料理教室 水島児童館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と子の料理教室 水島児童館

2011年2月27日

水島児童館が主催する父と子の料理教室に長女と参加。

朝9時に集合して材料費を払います。  父300円、子200円。

場所を公民館に移して授業開始。

テーブルの上には、材料とレシピがすでに置かれています。


IMG_0021.jpg


具材を見る限り、先ほどの費用はすでに超えている気がしますが…。
さすがは、公共のレッスンです。
参加したのは6組。
先生は貫禄たっぷりの大先生と、後は1テーブルごとに指導してくださるお母様方。


IMG_0017.jpg


「節分豆ご飯」「鶏団子のコーンシチュー」「りんごのサラダ」「クレープ」。
本日のメニューです。 まあ、豪華。

しかし、節分豆ご飯は、先生方が作るとのことで我々は何もしません…。

クレープ生地を寝かせる必要があるので、まずは、生地作りから。

卵を割ります。 
おっ、初めてにしては上手に割っているではないか。


IMG_0022.jpg


小麦粉、生クリームを入れてまぜまぜ。



IMG_0026_20110301225801.jpg


生地を冷蔵庫に入れ40分待ち。 その間に、シチューに入れる野菜を切ります。
ああ…。 見ていられない…。 我が子が包丁を使う際は目をつぶっていたい。
写真だけは撮るけれど…。


IMG_0030_20110301225800.jpg


サラダ用のきゅうりを切る頃には、ちっとはマシになりました。
にしても、左利きの包丁使いはやはりぎこちないな。 私もなんですが…。


IMG_0050.jpg


お隣は、長女の幼稚園時代の同級生。
小学校区は違いますが、今でも仲良く遊んでます。

お父さんの包丁裁きは、なかな見事でした。

IMG_0051.jpg

この後、鶏団子をこねて、シチューの準備。
ブロッコリーの下ゆでなどの仕事があったのですが、テーブルのお母様がほとんどやってくれました。

というか、この教室、大先生とお母様方が結構なところをやってしまいます、 もとい、やっていただけます。

父に料理を覚えさす、というよりも調理を通じた親子の触れ合いに重きをおいているのでしょうか。

楽ちんではあったのですが、調理する気マンマンだったので、やや消化不良…。


洗い物も自分達でしますが、放っておくとお母様方がやってしまいます、いえ、やってくれます。


IMG_0036_20110301225800.jpg



いよいよ、クレープを焼く。 露店でいつも見てるだけでしたが、自分達でやるとかなり楽しめました。



IMG_0041_20110301225857.jpg


8枚焼きました。 うち4枚はなぜか没収でしたが。


IMG_0045_20110301225856.jpg


生クリームを包むのは、大先生。

ええっ! クレープって包む作業が醍醐味ではないのか~! 
なんて贅沢はもちろん言いません。

生クリームをホイップしたのも、先生方。

結局覚えたのは、クレープの焼き方のみ。


IMG_0057_20110301225856.jpg


でも、おいしそうなクレープを前にすると、そんな瑣末なことはどうでもよくなります。


IMG_0059.jpg


そろそろできあがります。お皿を並べて準備、準備。



IMG_0060.jpg

IMG_0062.jpg



子供にはややテーブルが高いので、イスを重ねて座高を調整します。


IMG_0063_20110305000327.jpg




父と子の合作ができあがりです。

この内容で2人で500円。 すごく豪華じゃないですか?



IMG_0064.jpg



お味は…。 自分でいうのもなんですが、本当においしかった。
レシピ通りに作ったと言えばそれまでですが。



IMG_0071_20110301225921.jpg


長女もとても楽しめたようです。
小1には結構なボリュームでしたが、完食。 自分で作っただけにおいしかったのでしょう。

しつこいですが、これで500円は本当に安い。

次回も必ず参加したいと思います。


お隣も美味しくできたようでした。
IMG_0053_20110305000327.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

様子が伝わってきました☆
お料理、参加費500円とは思えないボリュームですね!!
お料理の出来上がりを写メではダンナに見せてもらっていましたが、
教室での様子などなど詳しいことはわからなかったので、
いろいろ見せてもらえてよかったです。 
ありがとうございました!!
テーブル付きおばちゃまたちのご活躍は、相当なものだったんですねv-356
笑っちゃいましたi-179
あと、ダンナまで撮ってもらってありがとうございます!!
実物より男前に撮ってくださってるわ~v-343

Posted at 2011.03.08 (12:26) by 華香の母 (URL) | [編集]
ありがとうございます!
初コメント、感激でございます(笑)。
いえいえ、旦那様は実物もカッコよかったですよ。
テーブル付きねぇ…。
それでいて作り方を聞くと、「レシピを見て」と一蹴されます(笑)。
こないだ妻から「同じもの作りたいから教えて」と言われましたが
「レシピを見て」としか答えられませんでした…。
Posted at 2011.03.08 (12:49) by かっつん (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
カテゴリー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
ランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
人気ブログランキングへ
リンク
岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

かっつん

Author:かっつん
娘を連れて行くふりをして、実は自分が遊んでもらっています。野鳥観察と山登りが趣味になりつつあるオヤジ道まっしぐらな中年です。

FC2カウンター
ブログ内検索
タグ

公園 倉敷市 室内  水遊び  水島 倉敷 児童館 玉島 岡山市南区  岡山市北区 笠岡 総社  岡山市東区 大型遊具 真備 玉野 早島  児島 美作市 高梁市 遊び場 吉備中央町 奈義 美咲町 紅葉 ラーメン パン デイキャンプ 中庄 寄島 倉敷美観地区 灘崎 浅口市 岡山 西大寺 牧場 こってり 神戸 史跡 スイーツ ランチ 親水 山陽町 岡山市中区 蒜山 表町 パスタ キャンプ 吉備高原都市 鶏ガラ 一覧 EF100mm/F2.8マクロ ジェラート 赤磐市 福山市 種松山 鏡野町 イタリアン 結婚式 大阪 ショッピング 中華 らーめん 豚まん  とんこつ 交通公園 EOS7D イオンモール倉敷 三井アウトレットパーク倉敷 新庄村  農園 福田 高原 コンサート キッザニア 御津 兵庫県 高梁 図書館 歴史公園 里庄 井原 姫路市 川上町 瀬戸内市 赤磐 安藤忠雄 子供 東町 清音 ローラースライダー 遊園地 夜景 工場萌え 香川 和気 公共施設 瀬戸大橋  閉鎖 奥津 くらモニ合唱団 物産館 ハンバーグ 鶏がら 津山 駄菓子 ポートレート 勝山 石拾い ばら 新倉敷 河原 誕生日 浅口 日生 くらしき朝市 岡山北区 蒜山やきそば 緑地 矢掛 児童合唱団 真庭 長船 動物 勉強 ドーナツ 演奏会 農業 県北 勝央町 瀬戸町 ねこ 有料 備前 ソフトクリーム 美星 家族 球場 船穂 動くゆりかご 写真展 早島町観光センター リエゾン おかやま工房 亀島 がいせん桜 花見 ひなまつり 神社  街道 古城池 岡山空港 六甲アイランド 矢掛町 噴水 水道記念館 二郎系 かめっち イルミネーション バーベキュー 庭園 鳥取県 日野町 安来市 島根県 枯山水 足立美術館 たまごかけごはん 岡山県一 カレー キッザニア甲子園 インド料理 美しい森 TAMRON28-75mm/F2.8 運動会 西宮 甲子園球場 牛窓 オリーブ 邑久 弥高山 ららぽーと甲子園 根雨 オシドリ 和食 味涛眞 お出かけ 大型複合遊具 玉島みなと公園 臨海公園 玉島市民交流センター 湯郷 ロングスライダー BBQ 津山市 丘の上 鉄道模型 湯郷温泉 種松山西園地 当新田 吉岡 二郎 鷲羽山ビジターセンター ビーチコーミング にんにく 玉野市 インスパイア 鴨方 鞆の浦 備後護国神社 ピヨピヨひろば ピアノ発表会 はしまや EOD7D 緑道 幼稚園  夏まつり 夕飯 STB 七夕 備中国分寺 ひまわり ロケ地 美術館 山の駅 発掘体験 体験学習 化石 妹尾 恐竜 旅行 久石譲 大元 撫川 バラ園 バラ 甲子園 宿 三田 アウトレット 大丸 南京町 ゴーカート アート 博物館 さぬき市 イルカ 岡山後楽園 幻想庭園 民話 黒川紀章 自然 森林浴 道の駅 コスモス 倉敷みらい公園 アリオ倉敷 とらや 夏休み  日本一の鐘 学食 声楽 体験 乗馬 イチョウ 棚田 カメラ 磯遊び 東粟倉 自然公園 コテージ 田んぼ 阪神タイガース 科学 

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。